納骨堂の仕組みや注意点について

納骨堂の歴史について

納骨堂の歴史について 納骨堂の歴史は奈良時代からあり当時の貴族や豪族が自分達の遺体を安置するためのものでした。地下に遺体を埋葬せずに建物を建てその中に埋葬することで自分達の栄華を存続させるという風習からはじまりました。
墓石の歴史は江戸時代からなので墓石よりも昔から納骨堂はあったとされています。
明治時代の頃には貴族のものから庶民が使うようになり遺骨を保管してもらうために一時預けていました。
地域によっても役割は様々で北海道のような雪深い地域では墓地が雪で埋もれてしまうため一時預け場所として納骨堂が建てられました。
九州地方ではお墓の建立や改装の間に一時的に安置する骨預かりとよばれる場所がありました。
いずれも寺院の敷地内におかれる場合が多いものでした。現代では一定の条件を満たし市町村や都道府県等の許認可があれば寺院でなくても納骨堂をおくことができるようになっていて寺院や公営だけでなく民間が運営するものも増えてきています。

自動搬送式納骨堂を選ぶメリットとは?

自動搬送式納骨堂を選ぶメリットとは? 亡くなった人の遺骨を安置することができる納骨堂のなかでも、自動搬送式は比較的新しいタイプです。
自動搬送式の場合には、従来の納骨堂とは異なり、カードキーを入口の読み取り装置にかざすことによって、バックヤードに納められている遺骨の入った厨子を機械が取り出して、礼拝室まで自動で運搬してくれます。
このような自動搬送式の納骨堂には、いくつかのメリットが期待できます。一般的な屋外にあるお墓の場合には、土地と墓石のセットになってしまうため、高額な出費を迫られますが、納骨堂であれば、はじめからある建物の内部を共同利用するにすぎないため、格段に安価な費用で済ませることができます。
また、屋内であるため天候を気にせずに供養をすることができ、転勤などの都合で遺骨を移動したい場合にも、遺骨が入った厨子だけを移動すればよいため、いわゆる墓じまいのような特別な作業を必要としません。
一般的なお墓と違い、個別の区画ごとに遺族が管理するのではなく、建物全体として管理が行き届いているため、その点でも便利であるといえます。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>