納骨堂に何人まで入れる?

納骨堂に何人まで入れる?

納骨堂に何人まで入れる? 納骨堂を選ぶ際に気になるのは、遺骨を何人まで入れられるのかということです。
これはサイズによって異なっていますが、一番大きなサイズのものだと最大で10体以上の遺骨を納められるスペースがあります。ただし、そのような大きなスペースが確保できる納骨堂を使う場合、使用権を取得する際に多額の料金がかかるほか、年間の維持管理費も高く設定されていることが多いので注意が必要です。
納骨堂に納められる遺骨の数は、お墓に納められる数よりは少ないのが一般的です。そのため、管理しなければならない遺骨の数が増えてきた場合は、保管されている遺骨をどのようにするかを家族や親戚の間で話し合って決めなければなりません。
増えてきた遺骨の取り扱い方法には、合祀をして土にかえす方法や、古い先祖の遺骨を1つの骨壷にまとめる方法など、いろいろとあるので、納骨堂を管理している人からアドバイスをもらいながら、皆が納得できるような方法を選びましょう。

棚式納骨堂を選ぶメリットとは?

棚式納骨堂を選ぶメリットとは? 納骨堂には仏壇式や機械式、合葬式など、幾つかの種類があります。
その中でも棚式はロッカータイプとも呼ばれ、比較的リーズナブルな価格帯で利用できます。扉のある棚の中にお壇が集合していますが、見た目の良いデザインのお壇も多くあります。棚にある扉には全て鍵が付いており、扉を開けると内部に本尊と焼香台、納骨箱が納められています。焼香台は電池式の場合もあって便利です。この棚式タイプは、遺骨を専用の個別スペースに安置するため、故人を身近に感じられるというメリットがあります。宗派を問わずに利用でき、無宗教でも構いません。また寺院によっては、棚に骨壺を安置して、名札で区分しただけの納骨堂もありますが、これは檀家の場合に限って行われています。
その他、位牌式の納骨堂は、棚式よりもさらにリーズナブルで需要があります。このタイプでは、お内仏様の周りに位牌を立てます。そして遺骨の安置スペースは別にあり、他の人と合同になるケースが一般的です。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>